よくある質問

モンテッソーリ光の子入園をご検討の方から、
よくある質問とその回答をご紹介します。

Q. 幼保連携型こども園とは何ですか?
A. 保護者の就労の有無に関わらず、幼稚園教育要領に基づく教育と保育所保育指針に基づく保育環境を合わせ持ち、小学校への円滑な移行を目的とした教育が考えられた単一施設となっています。子どもの一日の生活リズムから、持続的な成長を支える質の高い教育、保育を総合的に受けられます。
Q. 給食はどのような食事がでますか?
A. オーガニックの野菜・調味料・食材を使った、自園内調理の給食が提供されます。季節の旬を味わい、季節の行事を食でも楽しめるランチやおやつがよろこばれています。とりわけ毎月ごとクラスで出される子ども達からのリクエストメニューを給食にとり入れ、「食」への興味が高まっていきます。
Q. モンテッソーリ教育とはどのような教育ですか?
A. 20世紀初頭にイタリアのマリア・モンテッソーリ医学博士によって考案された教育法です。「子どもは本来、自分の中に成長していこうとする『生命力』をもっていて、適切な時期に適切な環境が与えられれば、自分で成長する」とマリア・モンテッソーリは述べています。モンテッソーリ教育は「日常生活の練習」「感覚」「数教育」「言語教育」「文化(コスミック・エディケーション)」の5分野があります。ぜひ、お子さまが自ら成長する可能性を育てる貴重な年齢に、モンテッソーリ教育に触れていただければ幸いです。
Q. 土曜日も子どもを預けられますか?
A. ご家族が、お仕事の都合で保育できない場合、必要に応じてお受けいたします。
Q. お昼寝はありますか?
A. あります。子どもの活動は知的、体力的に充分に満たされた活動やエネルギシュな時間を午前中に過ごします。ランチ後の心と体を休める休息時間は免疫力を保持する大切な時間と考えます。
Q. 園バスや、送迎用の駐車場はありますか?
A. 送迎時の駐車場はありますが、時間により送迎車が重なってしまうと満車の場合もあります。園バスはありますが、子ども達の遠足や園外活動の充実に使用しています。
Q. 慣らし保育はありますか?
A. あります。子ども達が家庭環境から社会集団環境へスムーズに移行するための大切な時間と考えます。「無理やりおいていかれた」という思いでなく「自分が行きたい」場となるためにも慣らし保育の必要性を実感します。
Q. 保護者が参加する行事は何がありますか?
A. あります。イースター親子遠足、夏祭り、運動会、クリスマス会、お子さまの誕生会(土曜日)、保育参観(年2回)、後援会(年2回)、入園式・卒園式(該当者だけ)となっています。
Q. 食物アレルギーの対応はしていますか?
A. 医師の診断書にもとづき、ご家庭と連携をはかりながら対応させていただきます。
Q. 持病の薬や風邪薬など、投薬をお願いできますか?
A. 集団生活に支障がない健康状態で登園していただくことが基本ですが、医師の指示により、集団生活時間内にどうしても必要な薬でありましたら、その日の分量の薬と「くすり依頼書」(保護者記入)を名前の書かれた袋に入れ、職員にお渡し下さい。(ただし、点眼薬は、原則受け入れ不可)